【注目必見情報】キャビテーションは大変注目されている

【注目必見情報】キャビテーションは大変注目されている

セルライトのある脂肪細胞へ衝撃波を与え、キャビテーションを受けることで、賢く脂肪を除去していくことが出来ます。
セルライトを取り除くことをまずしなければ自分の求めるシェイプアップを実現させることは出来なく、これがとっても重要なことです。

 

どうしても力を込めて施術が行われますので、エステサロンでマッサージを受けるのも一つの方法ですが、どうしても多少なりとも痛みが出てきます。
キャビテーションの場合、超音波を痩せたい部分に照射をするだけですので、痛みが生じることは一切無いのでご安心ください。
エステでは基本的に何度か通って徐々に理想的な身体にしていくこのですが、即効性のある施術も提供されています。
どの程度身体に変化が現れるかをまずは体験コースなどを利用して実感してみると良いでしょう。 代表的な施術が従来ではエステサロンのセルライト除去方法のマッサージが多く使用されていました。
美容系のテレビ番組などを観ていると痛がりながらマッサージをしている光景をよく見ますが、あれがセルライト除去のマッサージなのです。



【注目必見情報】キャビテーションは大変注目されているブログ:25 4 2019

みなさんは、腹筋体操をすると、
お腹周りの脂肪がなくなって、
お腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋体操を日々続けていると、腹筋がつくので、
確かにお腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪としてお腹に残っているのです。

お腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋体操は、
脂肪を燃焼させるための体操でもないんですよね。

脂肪燃焼に効果がある体操と言えば有酸素体操ですが、
腹筋体操は、この有酸素体操には属しません。

腹筋体操のようなすぐに終わってしまう体操では、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋体操しても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みでお腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい身体を手に入れることもできます。

また人間の身体は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋体操を続けていれば、
お腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。



ホーム サイトマップ