【注目必見情報】骨盤の歪みによって様々な悩みが生じる

【注目必見情報】骨盤の歪みによって様々な悩みが生じる

いろいろな症状で悩んでしまっている方が今では骨盤の歪みが原因となって、多くいらっしゃいます。
多くのエステでも骨盤矯正メニューがありますので自宅で骨盤矯正をすることも可能ですが、利用してみてはいかがでしょうか?

 

一昔前と比べて骨盤が歪みやすい傾向にあり、どうしても今の人というのは姿勢の悪さや運動不足が目立っています。
骨盤の歪みやそれに伴う症状を自覚してきたら、なるべく早めに骨盤矯正を実践するようにしましょう。
部分痩せというのは実際に実践したことがある方でしたらわかると思いますが、そう簡単なものではありません。
自宅では非常に難しいダイエットの一つですので、まずはエステに相談をされてみることをオススメします。 適切な位置を保つことが出来なくなってしまい、そもそも骨盤は姿勢の悪さや運動不足などの影響で歪みが生じているのです。
正常な位置に骨盤が来ていなければ、女性の悩みである生理痛や便秘などといった症状を悪化させてしまうことになります。



【注目必見情報】骨盤の歪みによって様々な悩みが生じるブログ:21 7 2019

減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためにはご飯制限が必要となるのですが、
多くの人は、ご飯制限を勘違いしています。
ご飯制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食のご飯しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食のご飯から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それはご飯方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「ご飯の質」と「ご飯の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
6時はほとんど食べずに、13時ちょっと食べて、
23時たくさん食べる…
そんなご飯の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このようにご飯は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分のご飯を見直しましょう。


ホーム サイトマップ